News & Press Release

10/23/2018

フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
国立研究開発法人情報通信研究機構
2018年10月23日

製造現場に混在する多様な無線通信を安定化する無線通信規格ドラフト版を取りまとめ

~フレキシブルファクトリ実現に向け、無線通信利活用を推進~

フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)*1は、製造現場で様々な用途として混在利用される多様な無線システムの安定化を図るための新たな無線通信規格のドラフト版を取りまとめました。国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、SRF無線プラットフォーム*2を提案し、無線規格の基本構成として採用されました。本ドラフト版は、製品への適用を可能にするために必要な付加機能と、機能間のインターフェースを明確化したものです。

本ドラフト版では、複数の無線システムを管理・協調制御するフィールドマネージャが、ポリシー設定、管理、監視を行うことが特長です。この特長をプラットフォームとして構築することで、製造現場に混在している多様な世代、規格、メーカーの無線システムが共存及び協調します。この結果、製造現場での無線通信利活用が促され、工場内の情報可視化、統合管理が可能になり、生産性向上が達成されます。

本ドラフト版の概要は、FFPAが10月30日に開催するセミナー「無線の利活用がもたらす製造現場の変革」において、市場のニーズやベンダ、システムインテグレータ、オペレータなどのベネフィット、技術要件を記したホワイトペーパーとともに発表します。

【背 景】

製造現場では、人手不足や働き方の変化などによる制約がある中で、生産性向上のための情報通信技術の利活用が進んでいます。具体例として、以下のニーズがあります。
・品質管理のため古い生産設備の精細な状態や、正しく作業がされたかの判定をリアルタイムで知りたい。
・人と生産設備の協調が進み、移動する人や自動搬送機などの間で確実な通信を行いたい。
・変種変量生産、マスカスタマイゼーションのため、工程やレイアウトの柔軟な変更に対応したい。

無線通信は、手軽さ、移動性、柔軟性の特長を有しており、これらのニーズを満たす有効な通信手段です。機器状態監視、製品検査、工程管理、環境センシング、機器制御など多様な用途(アプリケーション)で無線システムが導入される事例が増えており、今後も更に増加するものと予想されます。

製造現場では無線通信の不安定性への懸念があります。様々なアプリケーションが免許不要周波数帯の無線規格を用いて独立に運用され、無線区間での干渉問題が生じ、アプリケーションが必要とする通信品質が満足されず正常に動作しないという問題が起こるためです。こうした懸念を解消するため、NICTが機能とその間の情報のやり取りを定義した基本構成として、従来にはない「多種多様なシステムの協調と共存」という新しい概念を取り入れたSRF無線プラットフォームを提案しました。さらにNICTとSRF無線プラットフォームに高い関心を持つ企業は2017年7月にFFPAを設立し、SRF無線プラットフォームを具体化し、社会実装していくために無線通信規格を策定してきました。

【成 果】

このほど、FFPAは、NICTが提案したSRF無線プラットフォームを製品に適用可能にするために、必要な機能の付加と、機能間のインターフェースの明確化を行った新たな無線通信規格のドラフト版を取りまとめました。

本ドラフト版では、フィールドマネージャが、ゲートウェイや無線端末から構成される複数の無線システムを管理・協調制御します。その際、
① 各無線システムにポリシー(方針)を与えることにより、無線資源(周波数、時間、空間)を配分すること、
② 無線通信と応用システムを意識した管理を行うこと、
③ 無線通信環境の監視を行うことにより、多様な無線通信を安定かつ効率的に運用すること
が可能となります(グローバル制御)。

無線通信環境は局所的に、急激に変化することに対応するため、単一システムでの自律的な制御を可能にしています(ローカル制御)。

既存の無線機器を含め、混在する多様な規格、メーカー、世代の無線システムが共存及び協調できるように、通信制御が個別の無線システムに依存しない比較的上位層での制御が可能な枠組みを採用しています。さらに、無線システムが汎用的に使われることから、無線通信規格の一部はIEEE 802.1規格*3を参照、協調しています。

SRF無線プラットフォームは、製造現場で用いる無線通信に以下の価値を提供します。
・無線通信が混雑・変動する環境下でもシステムが止まらない信頼性
・製品品質や生産性を向上させるための多数かつ多様な無線システムを収容できるシステムキャパシティ
・IT専門家が不在でもデータフローや無線環境の管理ができるシステムの安定性と保守性

今回とりまとめたドラフト版の概要は、FFPAが10月30日に開催するセミナー「無線の利活用がもたらす製造現場の変革」において発表します。同時に、市場のニーズやベンダ、システムインテグレータ、オペレータのベネフィット、技術要件を記したホワイトペーパーを公開します。

【今 後】

今後、機能やインターフェースの詳細を検討し、2019年中旬を目途に新たな無線通信規格Ver. 1.0を策定し、製造現場に混在する多様な無線通信を安定化します。さらに、製造現場の情報可視化とネットワークに接続された設備の統合管理を可能にし、生産性向上のため情報通信技術の利活用を推進していきます。

セミナー「無線の利活用がもたらす製造現場の変革」について

VoC Community*4の設立記念イベントとして、ベルサール神田(東京・千代田区)にて10月30日(火)に開催するセミナー。
http://www.ffp-a.org/news/jp-index.html

 

<用語解説>

*1 フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化、および普及の促進を通じ、製造現場のIoT化を推進するために2017年7月に設立された非営利の任意団体。
メンバー企業は、2018年9月末現在、オムロン株式会社、株式会社国際電気通信基礎技術研究所、国立研究開発法人情報通信研究機構、日本電気株式会社、富士通株式会社、サンリツオートメイション株式会社、村田機械株式会社、シーメンス株式会社の8社。
http://www.ffp-a.org/jp-index.html

*2 SRF無線プラットフォーム
多種多様な無線機器や設備をつなぎ、安定に動作させるためのシステム構成。SRF(Smart Resource Flow)は、製造に関わる資源(人、設備、機器、材料、エネルギー、通信など)をスムーズに流れているように最適に管理するコンセプトで、これを基に構築したプラットフォーム。SRF無線プラットフォームの研究開発は、総務省の委託研究「狭空間における周波数稠密利用のための周波数有効利用技術の研究開発」により実施されている。

*3 IEEE 802.1規格
米国に本部を置く電気・電子技術の学会IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc)が定めるローカルエリアネットワークやメトロポリタンエリアワークの規格の種類。IEEE 802.1ワーキンググループの中間会合(2019年1月14-18日)は、FFPAがホストとなり、日本で初めて広島で開催される。

*4 VoC Community
製造現場での情報通信技術の利活用に関する情報交換を行うためのFFPAが運営するユーザーグループ。VoCはVoice of Customerの略。

10/03/2018

参加無料

VoC Community設立記念セミナー 情報通信技術の利活用がもたらす製造現場の変革

フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)は、ユーザーグループVoC Communityを設立いたしました。その記念イベントといたしまして、セミナー「情報通信技術の利活用がもたらす製造現場の変革」を開催いたします。製造現場におけるIoT活用の動向、取り組みに加え、FFPAの最新活動をご紹介いたしますので、奮ってご参加ください。

開催日時:
2018年10月30日(火) 13:15-17:15 (予定)
開催場所:
ベルサール神田 (東京都・千代田区) →アクセス
主催:
フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
参加費:
無料

セミナー開催案内 (PDF)

参加をご希望の方は、直接会場にお越しください

  • セミナープログラム (予定)
  • [招待講演] Factory IoTの潮流と、アジアにおける市場機会
    佐々木 健一 様 ((株)野村総合研究所 産業デジタル企画部)
  • [招待講演] 産業オートメーションにおけるIoT ~現状と将来展望~
    長谷川 敏 様 (横河電機(株) マーケティング本部 渉外・標準化戦略センター)
  • 工場における電波の適正利用を推進するための体験型人材育成プログラム
    ・工場のワイヤレス化に関する電波政策の概要について
        夏越 隆就 様 (総務省)
    ・工場における無線通信活用を広げる人材育成プログラムについて
        下山 智央 様 (PwCコンサルティング(同))
  • 無線にお悩みの方必見!工場向け無線通信課題コンサルティング
    井上 高道 様 (NEC デジタルプラットフォーム事業部)
  • 製造現場の無線導入/運用を支援するシミュレーション・3次元空間マッピング
    宮本 進生 様 ((株)構造計画研究所 通信システム部)
  • 無線通信から始まる「産業革命」 ~FFPAが考えるエコシステム~
    丸橋 建一 (FFPA 代表幹事、NEC)
  • SRF無線プラットフォームのご紹介
    ~無線リソースを協調制御し、製造現場における安定した無線通信を実現~
    濱湊 真 (FFPA SRF Wireless Technical WG 議長、富士通研究所)
  • お問い合わせ
  • フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
  • info@ffp-a.org

09/01/2018

会員募集

FFPA VoC (Voice of Customer) Community

~ 会員募集 ~

  • FFPA(Flexible Factory Partner Alliance)は、ユーザーグループ"VoC Community"を設立しました。
  • 人手不足や働き方改革の進展に伴い、工場で情報通信技術(ICT)をもっと活用したい
  • 生産設備やその運用は工場によって異なるが、ICTの活用では共通の課題も多く、問題や事例を共有し、解決のためのヒントを見つけたい
  • 業種をまたいで、工場におけるICTに関する情報交換をしたい
  • 上記のご意見をお持ちの方は、是非VoC Communityにご入会ください。
  • 入会ご希望の方は、会則をご確認の上、入会申込書をFFPA事務局まで電子メールでお送りください。

FFPA VoC Communityの紹介資料 (PDF)

FFPA VoC Community会則 (PDF)

FFPA VoC Community入会申込書 (PDF)

FFPA VoC Community入会申込書 (Word)

FFPAでは、2018年10月30日(火)午後、東京・ベルサール神田(東京都千代田区)にて、FFPA VoC Community設立記念セミナーを開催いたします。VoC Community会員の方には、取り組みや製品・サービスを紹介する講演枠を設けます(枠には限りがありますので、希望者多数の場合は先着順となります)。また講演いただいた方は、1年間のプレミアム会員資格を会費無料で獲得できます(一般の会員は会費無料)。奮ってご参加ください。

  • 入会申込、お問い合わせ
  • フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
  • info@ffp-a.org

07/25/2018

FFPA VoC (Voice of Customer) Community

~ 事前申し込みのご案内 ~

近年、人手不足や働き方改革の進展によって、「工場で情報通信技術(ICT)をもっと活用したい」と考える方が増えています。生産設備やその運用は工場によって千差万別ですが、ICTの活用では共通の課題も多く、問題や事例を共有し、解決のためのヒントを見つけたいという要望をしばしば聞きます。業界団体は数多くありますが、業種をまたいでこうした情報交換をする場はほとんどありません。

FFPAではこうしたニーズに応えるために、ユーザーグループVoC (Voice of Customer) Communityを設立します。アクティブに情報を発信・交換し、製造現場のデジタル化を進めたい方は、ぜひご参加ください。

VoC Communityは、2018年9月に設立を予定しています。

申し込みは終了しました

VoC Communityとは

製造現場での情報通信技術(ICT)の利活用を推進するユーザーグループ

目的:
製造現場における情報通信技術の利活用を推進するため、関連する課題やニーズ等に関する情報交換と、製造現場での情報通信技術の普及活動を行う。
FFPAとの関係:
FFPAはVoC Communityの要望を拾い上げ、会員企業が提供する製品/サービスに意見を反映させる。

VoC Communityの主な活動
  • 製造現場における情報通信技術の利活用に関する情報収集
  • 製造現場における情報通信技術の利活用に関する情報発信・情報交換
  • FFPAが企画する一般向けのセミナーや展示会への参加
  • FFPAが企画する情報交換会への参加
会員種別と会員ベネフィット
会員種別 会員資格 会員の権利(ベネフィット)
一般会員

本会の目的に賛同し、会員申請を行った日本国内の法人、団体 (会費無料)

  • FFPAのウェブサイト、資料に会員名を記載する。
  • FFPAや関連する団体からイベント案内、ニュースなどの情報を受領する。
プレミアム会員

一般会員の内、以下のアクションを行うもの(注1)

  • (a) FFPAが指定するイベントで情報発信を行う(注2)
    又は、
    (b)会費を支払う

一般会員の権利に加え、

  • FFPAの活動レポート(実績・計画)を受領できる。
  • FFPAに寄稿された他組織のレポートを受領できる。
  • FFPAが主催する、a)セミナー等で講演できる、b)展示会で優先処遇を受けられる(小間割、ディスカウント等)。
  • FFPAメンバーとの情報交換ができる。(年2回。個別会合、またはアレンジされた10社以下の小グループ会合)

(注1)プレミアム会員の資格は365日間継続する。ただし資格保有中、(a), (b)のアクションにより延長される。
(注2)セミナー等イベントでの講演、小グループ会合への参加により、会費なしでプレミアム会員資格が得られる。

06/29/2018

参加無料

セミナー・ミニ展示会IoTで実現するフレキシブルファクトリ

~ 工場のワイヤレス化で生産性を向上 ~

工場ではIoT活用による生産性の向上が期待されています。IoTを駆使して様々な変化に対応するフレキシブルな工場の実現に向け、製造現場にこだわって、問題解決を図る取り組みをご紹介するセミナーを企画しました。工場の皆様、工場に関わるベンダーの皆様のご参加をお待ちしております!

開催日時:
2018年7月25日(水) 10:30-17:30
開催場所:
浅草橋ヒューリックホール 東京都台東区 →アクセス
主催:
フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
国立研究開発法人情報通信研究機構 (フレキシブルファクトリプロジェクト)
後援:
総務省
経済産業省
参加費:
無料

参加される方は直接会場にお越しください

  • セミナー (13:00-15:20)
  • 井出 真司氏 (総務省 国際戦略局 通信規格課 標準化推進官)
    スマートワイヤレス工場の実現に向けた取組
  • 長谷川 洋氏 (経済産業省 製造産業局 産業機械課 課長補佐)
    コネクテッド・インダストリーズ ~製造業のデジタル化における現状と課題~
  • 原田 光雄氏 (シーメンス株式会社 プロセスオートメーション部 セールススペシャリスト)
    Industrie 4.0と無線技術
  • 板谷 聡子氏 (国立研究開発法人情報通信研究機構 主任研究員)
    フレキシブルファクトリ ~製造現場における情報通信技術の期待と課題~
  • 佐藤 慎一氏 (フレキシブルファクトリパートナーアライアンス 副会長)
    フレキシブルファクトリパートナーアライアンスのご紹介
    ~製造現場での生産性向上をめざし、無線利活用を推進~
  • ミニ展示会 (10:30-17:30。ただし、セミナーの時間帯を除く)
  • 日本電気株式会社 
  • 富士通株式会社
  • パナソニック株式会社
  • オムロン株式会社
  • 株式会社構造計画研究所
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
  • ウェアラブル体験コーナー
    - ヘッドマウントディスプレイは工場で使えるか
    - ヒアラブルにより人・モノ・コトをつなぎ合わせ、現場のデジタル化を実現

IoTで実現するフレキシブルファクトリ 開催案内 (PDF)

  • お問い合わせ
  • フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
  • info@ffp-a.org

04/27/2018

FFPAは、WTP2018(5/23-25)に参加します。

  • 【展示ブース】
  • 【セミナー】 (5/25 午後)
  • FFPA 代表幹事  丸橋 建一
  • FFPA 副会長  佐藤 慎一

WTP2018の詳細は、こちらから

04/27/2018

FFPA VoCワークショップ参加者募集

工場IoTの問題をひとりでお悩みの皆様、解決のヒントを見つけませんか?

フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)では、工場のIoT化や情報利活用に関する問題を共有するワークショップを企画・開催します。本ワークショップでは、製造に関わる参加者で、それぞれの業種が異なるように小グループ(概ね5名以内)を形成します。FFPAメンバーも加わり、小グループで各社の事例や課題を議論して、課題解決のための糸口を探し出します。つきましては、参加者を募集します。

イベント名称:
第1回FFPA VoC(Voice of Customer)ワークショップ
開催日時:
5月17日(木)(10:00-17:00)
開催場所:
NICTイノベーションセンター
アクセス情報(PDF)
参加資格:
工場を保有する企業様のうち、製造現場のIoT化や情報利活用の問題を把握し、自社の事例や課題をお話していただける方(事前相談をさせていただく場合があります)。
参加費用:
8,000円
申込み締め切り:
4月13日(金)

※ 募集結果により日時と場所を決定します。また、参加希望者が多数の場合、 第2回以降にお回りいただく場合があります。

  • ワークショップの内容 :
  • オープニング
  • ミニセミナー
  • 課題の共有
  • 解決策を考える課題の選定
  • 制度面からみた解決策のアイデア出し
  • 技術面からみた解決策のアイデア出し
  • 課題解決に向けて必要なことの整理
  • クロージング

※ 参加者の事例や課題によって、内容を一部変更する場合があります。

本ワークショップでの詳細内容は、小グループの中に留めますが、概要は参加者の許可を得て、設立が予定されているVoC Community(注)および外部へ公表することがあります。また参加者は、VoC Communityメンバーになることができます。

工場のIoT化や情報利活用に関する問題は、1社では最適な解決が難しいものです。ぜひ積極的な参加をご検討ください。

ワークショップ詳細のお問い合わせ、参加申込みは、以下にご連絡ください。
FFPA事務局:info@ffp-a.org

(注) VoC Community:VoC(Voice of Customer) Communityは、FFPAが運営を計画しているユーザー側のコミュニティ組織。製造現場の課題に関する情報交換や、FFPA情報をいち早く得ることができる。

以上

07/26/2017

フレキシブルファクトリパートナーアライアンス
オムロン株式会社
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
サンリツオートメイション株式会社
国立研究開発法人情報通信研究機構
日本電気株式会社
富士通株式会社
村田機械株式会社
2017年7月26日

工場IoT化の加速に向け、「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス」を結成

~複数の無線システムの安定した通信を実現する協調制御技術の普及を推進~

オムロン株式会社(以下、オムロン)、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(以下、ATR)、サンリツオートメイション株式会社(以下、サンリツ)、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)、日本電気株式会社(以下、NEC)、富士通株式会社(以下、富士通)及び村田機械株式会社(以下、村田機械)は、複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化、および普及を推進し、製造現場での無線の利活用を一層加速するため、「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス」(英文名:Flexible Factory Partner Alliance、会長:ドイツ人工知能研究所(DFKI)アンドレアス・デンゲル教授)を本日結成しました。

今後、本アライアンスの取り組みを通じ、製造現場のIoT化の進展に伴う新たな「産業革命」への期待に応えていきます。

1.経緯と展望

製造現場では、グローバル化の進展による厳しい国際競争や、少子高齢化に伴う人手不足と熟練工の減少などの対応のため、ICT活用による生産性向上が重要な課題となっています。生産性向上のために生産設備や生産状況の「見える化」が進む中、近年の製品開発サイクルの短期化により、工場内の機器配置や製造ライン構築の変更に対する柔軟性が求められているため、その実現に向けた重要技術である無線通信への期待が高まっています。実際、無線通信を試験導入する製造現場や、その試験結果から無線通信を本格的に導入する製造現場も増加傾向にあります。

一方、複数の無線システムが共存する工場内での無線の利活用には、無線システム間の干渉による通信の不安定化や設備稼働への影響という大きな課題があります。ところが、製造現場において、このような無線通信の課題の解決に向けた試みは行われてきませんでした。

上記の課題を解決するため、オムロン、ATR、サンリツ、NICT、NEC、富士通及び村田機械は、2015年6月から、複数の稼働中の工場において無線環境の評価と無線通信の実験を実施してきました。さらに、実際の製造現場での具体的な利用シーンを想定し、設備ごとに独立した無線システムを協調させて制御することで安定した通信を実現するための協調制御技術を、学会などを通じて広く提案してきました。

今般、複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化、および普及を推進し、製造現場での無線の利活用を一層加速するため、「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス」を結成しました。本アライアンスの会長には、ドイツ人工知能研究所(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授が就任しました。

今後、本アライアンスの取り組みを通じ、製造現場のIoT化の進展に伴う新たな「産業革命」への期待に応えていきます。

2.目的

本アライアンスは、工場内の無線通信の利活用を促進することにより工場内の生産性を向上させるために、複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定及び標準化、普及促進を図ることを目的とします。

3.活動概要

本アライアンスは、目的の達成に向け、次の活動を行います。

(1) 工場内の複数の無線システムの協調制御技術に関する規格の策定
(2) (1)の規格の標準化活動
(3) 工場内の無線通信の利活用を促進するための普及啓発活動
(4) その他本アライアンスの目的を達成するために必要な活動

4.メンバー詳細情報

オムロン株式会社(本社 京都市下京区、代表取締役社長CEO:山田義仁)
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(本社 京都府相楽郡、代表取締役社長:浅見徹)
サンリツオートメイション株式会社(本社 東京都町田市、代表取締役社長:鈴木一哉)
国立研究開発法人情報通信研究機構(本部 東京都小金井市、理事長:徳田英幸)
日本電気株式会社(本社 東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野隆)
富士通株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長:田中達也)
村田機械株式会社(本社 京都市伏見区、代表取締役社長:村田大介)

関連リンク

フレキシブルファクトリパートナーアライアンスホームページ: http://www.ffp-a.org/