Technology

SRF無線プラットフォームの狙い

製造現場では、その利便性・柔軟性などによりネットワークの無線化が強く望まれていますが、一方、「切れてしまう、つながりづらい」という無線のリスクにより、無線の導入がなかなか進まないという実態があります。

フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、データ収集のボトルネックである無線通信の問題を解決し、製造現場全体の統合管理・可視化を実現するSRF無線プラットフォームの規格策定を行います。

SRF無線プラットフォームを普及させることにより、製造現場のデジタル化を推進します。

無線通信を安定化する
インテリジェントな複数システム間協調

製造現場では、要求通信品質が異なるさまざまなアプリケーションが運用されています。例えば、広い通信帯域と低遅延が要求される画像検査、超低遅延が要求されるロボット制御、通信帯域は狭く遅延が許される環境センシングなど、さまざまな異種システムが混在しています。

これらのさまざまなアプリケーションを実現する無線システムが独立に運用された場合、互いに無線干渉が発生しそれぞれのアプリケーションの要求通信品質が満足されない状況が生じてしまいます。

SRF無線プラットフォームは、無線リソース(周波数、時間、空間)を制御し、アプリケーションの要求通信品質に従って複数のシステムを協調させることにより、異種システムの収容を可能とします。

SPF無線プラットフォームの特長
–無線リソース階層制御 –

SRF無線プラットフォームでは、各アプリケーションの要求品質を満たす無線リソースの協調制御(グローバル制御)と、制御ポリシーに従った各システム毎の無線リソース制御(ローカル制御)の階層制御が行われます。

この階層制御は、アプリケーションの状態と無線環境の変化に応じて動的に行われます。

この動的な階層制御により、無線環境の変動に応じた無線リソースの最適管理と、要求品質が異なるさまざまなアプリケーションの統合管理を実現します。